理学療法士とは PT 仕事

理学療法士とは

理学療法士の役割

理学療法士とは、Physical Therapist (PT)とも呼ばれており、主に、医学的リハビリテーションの分野の専門職です。病院やクリニック、老人施設等の幅広い場所で、低下した人体の構造に働きかけ自立した生活を目指します。

 

体の機能の低下には、老化によるものもありますが、先天的な障害に伴って低下することもあります。また、スポーツをしていたり、仕事をしていたり、交通事故に遭ったり、思わぬところで怪我をすることもあります。そのような時に、元の状態に戻れるように訓練することや、または、それ以上、生活機能を低下させないよう、リハビリテーションを行うのが理学療法士(PT)の役割です。

 

動作の専門家

理学療法士(PT)とは、動作の専門家とも呼ばれており、例えば老化に伴い拘縮し易くなっている関節をマッサージやリハビリテーションを行い予防することや、関節の稼働域を拡大するような働きかけを行います。また、怪我を負っている方や、痛みを伴う方に対しては物理的な治療も施します。例えば、電気を使った治療や熱を加える方法などにより痛みに対しての緩和ケアも行います。

 

生活習慣病と理学療法士

近年、我が国では生活習慣病が増加傾向にあります。その生活習慣病の対策は、医師、看護師、保健師等が中心となって予防を啓発しているように思えますが、理学療法士(PT)も医療現場の一員として大いに携わっています。

 

生活習慣病で、寝たきりの生活になってしまう人も少なくないのが現状であり、長期の入院になると使わなくなった機能が低下する廃用症候群になることが懸念されます。このような人々のリハビリテーションを行う、理学療法士(PT)はこれからも需要が高まる職業だと言われています。

スポンサーリンク